紹介予定派遣の求人を探すのに適した時期

チャンスをつかむ!紹介予定派遣
派遣の求人が多い時期
更新日:2020/03/09

派遣の求人が多い時期

多くなる時期は年3回

派遣の求人が多くなる時期は年に3回あります。
まず、「4月・10月の新年度・期初を迎えるタイミング」です。新年度は退職や転職が重なるので、企業としては人員の確保が必要です。あるいは、特定の役割を持つスタッフが足りなくなる可能性があります。人員の補充だけではなく、組織そのものの再編や配置転換が行われる時期でもあり、場合によっては人材に偏りが生じます。早急に人材が必要な場合、正社員採用は時間がかかるので間に合いません。そこで選択肢となるのが派遣です。即戦力の人材をスムーズに確保できるため、この時期は求人が多くなります。
また、「7月半ばから後半にかけて」も求人が多い時期です。これは、夏のボーナスの支給後に転職する人が多いからです。どれだけの退職者が出るかは事前に予測できないので、派遣で人材を確保する企業が多いです。
そして、「3月」も求人が増えます。年度末で忙しい時期ですが、3月いっぱいで退職する人が有給消化に入っているので人員が足りなくなります。業務量と人員のバランスを揃えるために派遣社員が求められます。

仕事探しのポイント

求人が多くなる時期については理解できたかと思います。では、その時期に合わせて仕事を探すポイントを知っていきましょう。上記で紹介した時期の大体1~2ヵ月前に募集が始まるので、そのタイミングを逃さないでください。まだ派遣会社に登録していない人は、求人が増える時期の3ヵ月前までには登録しておきましょう。登録会への参加や、担当者との打ち合わせが必要だからです。自身のスキルや希望にマッチする職場を厳選したいのであれば、より早く準備しておくといいでしょう。
また、小さい子どもがいる人は保育園のことも考えておく必要があります。地域で定められている保育園の受け入れ態勢や候補となる保育園の空き状況などを早めに確認してください。

少ない時期

求人が少ない時期についても知っておきましょう。傾向として、「2月・8月」は求人が少ないです。そのため、今の職場の契約が1月末・7月末で終わる人は、求人が少ないことを念頭において次の仕事を探してください。派遣会社の担当者に、早めに次の仕事についての相談をしておきましょう。

さっそく登録を

以上、求人の多い時期や仕事探しのポイントを説明しましたがこれはあくまで一般的な傾向なので、業界の傾向なども加味して求人を探すことをおすすめします。まだ登録していない人は、登録時期が早ければ早いほど紹介してもらえる求人の数が増えますので、この機会に登録しましょう。

おすすめカテゴリ

紹介予定派遣とは 紹介予定派遣とは

正社員を目指す人へ